焼肉食べ放題をしてきた

ことの始まりは孤独のグルメで焼肉のシーンを見てから。孤独のグルメは食べ物が美味しそうで、見てるとよだれがツルツル落ちてきます。油がはねるホルモンや、煙のすごい焼肉店内の様子を見ていて、私も焼肉が食べたくなってきたのです。

 

今まで焼肉やしゃぶしゃぶって興味がなくて、友達と一緒に行っても、網の上にある肉っぽい肉を遠慮がちに食べるか、隅のほうで焦げてる野菜を食べるか、焼肉番町に皿にどんどん乗せられるかくらいでした。

カルビとかハラミとかホルモンがどんな食感でどんな味かいまいち一致しなくて、でもまぁ別に美味しければいっかと思っていました。

 

でも私も焼肉をエンジョイしたい!と、仲の良い人と一緒に焼肉食べ放題に行くことに。

一週間前から不気味なくらい楽しみにしていました。前日のネットの履歴は焼肉のページが並んでいます。

f:id:koringoweb:20131126150518p:plain

席について食べ放題コースを注文し、肉を頼みます。

が、食べ放題初心者の私たちはテンポがわからず、お皿を空にして次の皿がくるまでテーブルに何もない状態で数分過ごしてしまいました。

これは…食べることに夢中になっていてはいけない…。

f:id:koringoweb:20131126150950p:plain

不思議なことに、注文のたびに必ずタンの皿が運ばれてきます。

私の焼肉チャレンジに付き合ってくれた人はタンがあれば何もいらないというくらいのタン好きで、タンをまるでご飯のように食べています。あまりにもタンが焼かれるので、後半は「それタン!?タン焼いてる!?」と確認して、タンを食べるために心の準備をするようになりました。

 

期待のホルモンを焼くと油が網の中に落ち、炎が私を襲います。甘くてもにもにしていて美味しいけれど、網の真ん中で焼くと恐怖で目が離せない。

タンとホルモンと鶏皮の弾力トリオで疲れた私の顎は、やわらかいものを求めるようになり、最後はスープと杏仁豆腐で時間を迎えました。杏仁豆腐はなんてやわらかいんだろう…。

 

テンション高々で望んだ焼肉食べ放題。美味しくて、面白かった。

楽しんだー!と言い合い、お腹いっぱいだねぇと呟きながら帰りました。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

 

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

 

 

広告を非表示にする