思えば勢いだけで住み込んだ

懐かしいメールを見つけて、学生の時に期間限定で住み込みアルバイトをした時のことを思い出しました。学生の時は本当に元気でいろいろやったものよ…。

宿で働いていて出会ったり通りすがったり、そんなことを数回にわけてポチポチ書いてみることにします。

f:id:koringoweb:20131204154539p:plain

私が行ったのは個人経営の宿泊施設。

接客するのが好きなので、お客さんの一日に近いホテルや旅館の人の仕事を見てみたかったのです。で、ホテルや旅館って住み込みの募集が多いんですよね。

期間は数日~長期のものまでありますが、私は学校が長期休暇の間だけ行きました。

 

最初は人間関係や生活リズムに慣れなくて、不安になることもありました。帰る場所が働く場所なので、常に緊張している気がして。

一週間ほどたてば、仕事も慣れてきて楽しめるようになってきます。と言っても、合わなくて途中リタイアする人もいます。人間関係が一番大きい。

f:id:koringoweb:20131204160651p:plain

 私は接客係だったので、午前中はフォークやナイフ、カップなどのセッティングをして、朝ごはんにやってくるお客さんを迎えることから始まります。

お客さんの朝ごはんの準備の前に自分も朝ごはんを食べないといけないので、朝は早め。夜も遅いのでいつもいつも眠かった気がします。同じ接客係の人とコンタクトを取りつつ、席に順番に料理を出していきつつ、食べ終わって出発するお客様を見送ります。

 

ぶんぶん手を振り合うお見送りは少し不思議な気分です。

寂しいとかではなくて、お客さんはこうやって車や電車に乗って自分の家に、日常に帰って生活していくんだなぁとしみじみしてしまいます。

そんなしみじみは一瞬で終えて、朝ごはんの片付けが終わってからは時間との戦いです。

 

次回、ベッドメイクのことなどなど書いていきます。

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

広告を非表示にする