繰り返しの中の変化

私が経験した宿でのアルバイトのこと。

思えば勢いだけで住み込んだ - asobook の続き。

イラストを書いたらたくさんになって見づらくなってしまった…。

 

朝ごはんが終わりお客様を見送ったら、空室になったお部屋の掃除に向かいます。

f:id:koringoweb:20131205151833p:plain

お部屋のごみやタオルやシーツなどを集め、バストイレをきれいに掃除し、ベッドメイク、掃除機がけにモップがけ、掃除したバスの拭きあげ、新しいタオルやアメニティグッズをセッティング。

他にも細々としたことがたくさんありますが、大きくわけるとこんな感じ。

部屋数や時期によって、一人~複数で行います。

 

他の人とすれ違いざまに声をかけて、誰がどこにいるかを確認したり、手が足りていないところがあったらヘルプに行ったりします。

f:id:koringoweb:20131205151845p:plain

私が習ったベッドメイクは、ネットで検索すると出るような代表的な方法。

最初は折り目や見た目がなかなかきれいにならなくて苦労しましたが、慣れると他のことを考えながらでもできます。丁寧に、かつ素早くこなさないと間に合わないので、一室何分以内と目標時間を決めていました。

意外と重いシーツを何枚も重ねて移動したり、ベッドを移動したり、たくさんベッドメイクしてまわったりすると筋肉痛になります。これも慣れて平気になってきますが。

 

午後からはカウンターでチェックインの受付。

f:id:koringoweb:20131205151855p:plain

案内していると話しかけてくださる方もいて、「今日は~から来たの」とか「ここは本当にいいところね」とか「ご飯やさんでオススメは?」なんてお話で盛り上がることもありました。

住んでいる場所も、職業も、趣味も違う、いろいろな人のお話を少しだけ共有させていただきました。

 

お客様もそうだけど、同じ場所で働いていた人でとっても仲良くなった人もいて、次回は仕事から離れて人のことや生活のことについて触れていきます。

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

広告を非表示にする