花の集合場所

f:id:koringoweb:20140702102831p:plain

鎌倉に行ってきた宇治白玉クリームあんみつ  銭洗う の続き。

銭洗弁財天から長谷寺に向かうまでに高徳院があるので、同じ方向に向かう人達の後について見に行くことにしました。入場券を買って、真っ先にトイレへ走る私。思ったより混んでいなくて良かった。

高徳院の大仏様は大きいのはもちろん、色がとってもきれいです。青銅色って言うんでしょうか、彩度の低い青みがかった緑。こういう色が好きで、自然と服や小物に取り入れていたら、気がつけばグレーがかった人になっていました。

 

大仏様をいろんな角度から撮ったりしつつ、長谷寺へと続く道を歩き始めると、面白そうなお店がたくさん並んでいます。麩饅頭やあじさいソフトクリームに心を奪われるものの、いまだに白玉でお腹がいっぱい。今食べると晩ご飯が食べられないな…と断念しました。

少し歩けば長谷寺につくので、観光バスや人の多さに驚きつつチケットを買いに行きます。すると、60分待ちという看板が。なんということか…こんなお知らせ見たのいつ以来だろう。

f:id:koringoweb:20140702141702p:plain

案内をしている人の話を聞いてみると、長谷寺には今すぐ入って見ることができるけれど、あじさいがたくさん咲いている「あじさい散策路」は整理券をもらって番号順に入場するとのこと。

座って待つことのできる場所もあったので、中を周った後は時間まで休憩していました。そうそう、長谷寺に行ったら買って帰って、人にあげようと思っていた身代わり鈴を買いました。持っている人の代わりに災いを引き受けて割れるそうです。普通の鈴よりも少し低い音が鳴って、きれいです。

f:id:koringoweb:20140702142806p:plain

時間になったので列に並び、ぞろぞろと紫陽花の咲く山に登っていきます。色とりどりの紫陽花を、みんなで行進しながら眺めます。

普段、家の庭なんかに咲いている紫陽花を見ると、大きな花束みたいだよなぁと思うのですが、たくさんの紫陽花が集まっているのを遠くから見ていると、ひとつの小さい花が草むらにポツポツ咲いているように思えます。同じ場所でも違う色だったり品種だったり、そこだけでひとつの集まりになっているのが見ていて楽しい。

 

紫陽花を堪能した後は、ヘロヘロになりながらホテルにチェックインし、居酒屋でゆっくり晩ご飯を食べ、翌日はチェックアウトしてすぐに帰りました。お土産であったはずのクルミッ子はすでに開封され、遠足のおやつのように消費されました。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

広告を非表示にする