虎の目

f:id:koringoweb:20141210143532p:plain

ニチレイ今川焼きがおいしい。レンジでチーンして、オーブントースターで表面を軽く焼くともっとおいしい!中の餡子があつあつで、生地がほんわり甘い。抹茶バージョンが食べたくて、いつもと違うスーパーやドラッグストアにいくたびに冷凍食品コーナーをチェックしています。

今川焼きって住んでいる場所によっていろんな呼び方があります。大判焼きとか太鼓饅頭とか。家族が箱いっぱいに買ってきたのをみんなでわけて食べたのがなつかしい。

 

取っておいた昔の日記のログを読んでいて、うわぁ自分って恥ずかしい!とのた打ち回りながら、ちょっと今は気がゆるんでいるなと反省しました。幸せでニコニコしていられるのはとても嬉しいことですが、ものの見方や感じ方を鋭くしておくのを忘れちゃならない。

 

昔、フランツ・マルクの「虎」という作品を見ました。後日その作品について、私が尊敬している作家さんと話をしたのですが、「今はああいう風に見る画家がほとんどいないな」と、寂しそうに言っていました。

お前はそういう点で頑張っているよ、と言われヤッター!と喜んだのですが、「ああいう風」というのがその時の私はあまりわからなくて、今も言葉で人に説明する自信はないのですが、それでも昔よりも「ああいう風」が自分の中で具体的になってきたと思います。

あの時無意識に頑張っていた私が、今もその方向に頑張っているのか。忘れていないか、なんとなく別のほうを向いていないか、と思い返して、大丈夫!ちゃんと持ってる!と実態のないものを確認します。

f:id:koringoweb:20141210143733p:plain

真剣になるとついついにらむ。

広告を非表示にする